無料
エロ
動画

茶菓元のオトナ遊び備忘録

モテないのでお金を払ってオネエちゃんにチヤホヤしてもらっている内容を公開!(本人バレしない程度に…)

終電がなくなってラーメン

指名嬢がお店を辞めてしまった後も、新しい出会いを求めて北千住の行きつけのお店に。
前にも書きましたが、その店は常連客同士が変な連帯感を持ちワイワイ楽しくやっていました。

その日は別の常連客が入れた焼酎の飲み切りボトル(JINRO)が、僕の先輩に回ってきて、先輩は殆ど飲まずに来ると分かっていた僕に回して来ました、悪魔の伝言と一緒に。

「茶菓元、絶対に飲みきれよ!」

まさに地獄からのメッセージです。
渡されたボトルは半分以上残っていたのですが、なんとか想定外の延長一回で飲み切ることが出来ました。

季節は真冬。
既に終電は無く、財布も軽く、酔っ払って相当フラフラという状況。


相当酔っているので、外に出たときは気持ちよかったが段々と寒さで筋肉が痙攣してきたのが分かる位。

なんとかコンビニまで行ってATMでお金を下ろし、寝るためのマンガ喫茶を探そうと思った時

呼込み:「オにぃサン、マッサージドウ?」

という誘いが。
普段は断るのですが

呼込み:「かみんOKよ、オにぃサンドウ?」

という言葉にぐらっとして、付いていくことに。
(声をかけてきたお姉さんの容姿はそこそこだったと付け加えておきます)

雑居ビルのエレベーターに乗り、フロアへ。
確か15,000円位払い、始発が出るまで仮眠をしてもOKとの確約も取り、シャワーを浴びてマッサージへ。

あ、もちろんマッサージしてくれたのは声を掛けてきたお姉さんではなく、ちょっとゴツイくて肝っ玉母ちゃんみたいな中国人のお姉さんでした。

いざマッサージ開始も、容姿をほとんどを意識することもなく、すぐに寝落ちしてしまい、仰向けになって討ち取られも何の感慨もない感じ。その中でも『自分は男なんだなぁ…』ということを認識させられたのです。

その後、マッサージを担当したお姉さんが声かけてきた

お姉さん:「オにぃサン、オナカすいてない?ラーメンつくってアゲヨカ?」

最初はどうしようか迷った(睡眠とか変な薬入れらたら嫌だなぁなんてね)のですが、好意に甘えて頂くことに。

ほとんど具は入っていなかったのですが、焼酎しか入っていない胃にあっという間に吸い込まれていきました。もちろん普通のインスタントラーメンでしたが、何故か「嬉しい」と感じる心に染みる味でした。

その後、6時位まで寝かせてもらい家路に着いたのでした。

こんな事があるので、一人夜遊びは止められなかったりするのです(笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furepo.dtiblog.com/tb.php/7-9d7c7383

 | HOME | 

PoweredBy

Powered By DTIブログ


プロフィール

茶菓元(ちゃかもと)

ニックネーム:茶菓元(ちゃかもと)
自己紹介:都内の中小企業に勤務しているしがないサラリーマン。
スペック
・関東近郊のFラン大学卒業。
・小太り。
・彼女いない歴約10年
・山手線の上から右側+埼玉・千葉方面に出没
・本番苦手


カテゴリー


リンク


今週のオススメの ブログ


利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

まとめブログ